用語辞典ヤ行

八虬(やきゅう):璃月創立当初に海を蹂躙していた魔獣。深海では負け知らず。海から浮上すると、伴う波は津波のように人の船と家を壊した。岩神により海底に沈められた。

月菜(ゆえさい):璃月二大菜系の一つ。爽やかさと新鮮さを重要視し、「海の幸」好きにはたまらない。「新月軒」が代表。

鎧「よろい」:傭兵の別名。雇い主の代わりに攻撃を受けるため。ボディーガードと同義。