聖遺物辞典

絶縁の旗印(ぜつえんのはたじるし)

威厳の鍔(いげんのつば):将軍を裏切った鬼人が、かつて授かった美しい鍔。

…母が恩のある、宝刀を授けてくれた将軍に牙を向いた。
御輿家に戻ってきたのは、彼女が愛した鐔だけだった。

母の悲願は、熱き血潮を持って生と死の運命に打ち勝つこと。
減り続ける同族のために、戦鬼の名で不朽の功績を残すこと。
漆黒の罪の虎に呑まれれば、口の中から猛獣を切り裂く。

雷の三つ巴の旗のもとで武勲を挙げ、
血に染まった十二単を濯ぐはずだった。
しかし、彼女の強く鼓動する心とともに、永遠に黒く染まってしまった……

家督を継ぐはずだった長子は城外に隠居し、
影向山の林に入り浸った。彼はそこで、少女に出会った……

「鬱陶しいわね。そんなに過去を捨てたいなら、私が新しい名前をつけてあげる」
彼の過去を聞いた黒き翼を持つ彼女は不敵な笑みを浮かべた。
「岩蔵にしよう。磐座のことだよ。人の言葉に左右されない物」
「鬼の血を継ぐ人間、喜べよ。さあ、笑え」
「影向の天狗がつけた名には、神通力がある」
「それに、石の名前は、脳筋な君にぴったりでしょ」

「じゃあ、来年機が舞う頃、またここで戦おう、『岩蔵』」
「鬼の子よ、しっかり鍛錬しなさいよ。影向の天狗の相手に相応しい人間になりな」
「そうだ、私に触れることができたら、その剣を『天狗抄』と呼ぶことを許す」
「だってその時、君は『天狗にも勝てる剣術』の使い手だから」

切落の羽(せつらくのはね):ある天狗の所有物であった黒羽。昔の剣豪が秘蔵していた記念品。

…剣による風圧で散った黒い羽が舞う中、剣豪になる人間が、
遂に長年触れることのできなかった天狗の少女を捕まえた…

「いやはや、危なかった。さすがだね」
「剣が君の力に耐えきれなかったのね」
「そうでなかったら、私は死んでいただろう。さて……」

光代、来年の決闘は、場所を変えるか?
緋色の櫻が舞う場所なら、いつくか知っているのだが……
自分が壊した社を見回し、天狗の震える手を握りながら、
切り落した黒い羽を見つめて、道啓はそう言おうとした。

「私に触れたのだから、君の勝ちだね」

勝負はまだ決まっていない、来年また会おう。そう言おうとした。

「君の剣は天狗よりも速くなった」
「十三年間、君と戦う日々を、私はずっと忘れない」
「でも私は影向の天狗だ。一族を背負わなければならない」
「当初君の名を変えたのは、君を鬼の血の呪いから解放したかったから」
「人ならざるものの血筋は、あの戦の後、どんどん薄れてきている」
「まあ、私たち人ならざるものは、人並みの幸せを求めてはいけない。でも君は違う」
「今の君は『岩蔵』、鬼の血を背負う御輿ではない」

「じゃあ、さようなら、道啓。私を忘れて。そして君の剣で」
「岩蔵の血筋のために、岩蔵のためだけの道を切り拓いて」

雷雲の印籠(らいうんのいんろう):黒色の細緻な印籠。光り輝く螺鈿と精巧な金物が装飾されている。

…遥か過去、セイライ島がまだ雷雲に覆われていなかった頃の記憶を呼び覚ます。
雷鳴を閉じ込めた容器は、約束した人に渡せなかった。

「糸が切れたから、また私のところに来たの……まったくしょうがない奴だ」
「剣術がなかったら、ただの間抜けな博打打ちのおっさんだろ」

「ふん、俺をなめるなよ。俺の弓もすごいんだぜ、天狗に教わったんだ」
「俺の剣術が凄すぎたから、皆弓のことを口しなかっただけで」
「よく考えたら、もったいないことをしたな。せっかくだから、弓術を教えてやるよ」

いつか、憎まれ口を叩きながら、あの馬鹿のために切れた籠を直した。
いつか、憎まれ口を叩きながらも、笑みを浮かべていた。

「旗本になったのに、責任を負う立場なのに、なんでいつも喧嘩ばっかりなの?」
「家を持ったのに、かわいい妻がいるのに、なんでいつまでも遊んでばかり、賭け事ばかりするの?」

だって……
ついぞ口にできなかった質問を、投げないことにした。
斎宮様がここにいたら、気軽に言えたのかもしれないね……

「そんなのどうでもいいんだよ。今日は休みだ、勝手に決めたけど」
「神社の仕事を置いて、海へ行こうぜ。お前の小さい頃のように」

そうやって彼に港に連れて行かれ、行き交う船をぼうと眺めた。
神社のあの光代が、いかに師匠の美貌と武芸を継いだのかを聞かされ、
彼が見た自分の首を斬り落とした悪夢の話を聞かされ……
二人ともわかっていた。言葉で取り戻せない悲しみを誤魔化しているだけだと。

その後、ずっと、ずっと後の話。
苔むした石と、二人が密会した港を見下ろし……
あの博打打ちがもう一度勝てるように、彼の無事を祈るように……
再び危険を冒して高いところに立ち、手作りの籠を高く掲げた。
記憶の中の希望を取り戻せるように、稲妻の力を集めた。

緋花の壺(ひばなのつぼ):精巧な酒壺。かつて、名が轟く武人の酒用の器だった。

…我流の秘剣「天狗抄」で、岩蔵道啓は九条家の剣術指南役になった。
「道胤」の号を授かり、自身の剣術流派を作り上げた。一時期門下生が絶えなかったという。
九条の屋敷に就任する前に、道啓はすでに酒を嗜んでいた。
最後に、秘剣「天狗抄」の完成で廃墟となった社に踏み入れた。
十三年の間、何度も影向の天狗と真剣勝負をした場所で、
ここで「影向の光代」と名乗った黒い翼の天狗と出会った時のことを思い出した。

夢のような十三年
櫻吹雪のように舞い
気が付いたら、君がいない

あの頃の神櫻も雪のように舞い降りた。
社も祀る神がいないだけで、建物は健在だった。
泉のような軽快な笑い声が谷間に響いた。
だが、廃墟となった庭に、二人は二度と戻らないだろう。

華飾の兜(かしょくのかぶと):高貴な武士が着用していた、頑丈で硬い兜。

…「道胤公の秘剣は、雷光をも断ち切れそうだな、ハハハ」
刀を納めると、若き勘定頭の弘嗣のからかう一言に、抑揚のない声で返事をした。
「そんなことはありません。精々空を飛ぶ天狗を切り落とせるくらいでしょう」
「まあ、天狗を切り落とすなんて、一度もしたことはありませんけど」

「そうなのか?なら、秘剣『天狗抄』の名はどうやってついたのか?」
道胤が答えないのを見て、離島を立ち上げた勘定頭は残念そうに言った。
「九条のおやじに先を越されたな。君が欲しかった」
「君の剣の腕があれば、セイライの赤穂百目鬼も敵じゃないだろう……」

雲を裂くように、彼に新しい名を与え、新しい命をくれた、
錆だらけの刀を渡して、自分を斬ってみせよと言ったあの天狗が、
彼の刀が折れた時、最後に言った言葉は……

追憶のしめ縄(ついおくのしめなわ)

羈絆の花(きはんのはな):精巧な水引お守り。願いを叶える力を秘めているとの噂。

…「水引」という結び方をしたお守り。
願いと縁を固く結ぶことができるという。

何でも知っている狐様に師事し、神社の事務を勉強した。
あの頃の私は、小さな漁村から鳴神に来た幼い巫女だった。
茶筅よりも鈍く、子供っぽいわがままや好奇心も抱いていた。
斎宮様の優雅で回りくどい言葉に、いつも無邪気な疑念を持っていた。

「物事は絆で結ばれ、故に実の中から希う幻が生まれる」
「お守りに願いを実現する力はない。でも、絆の力で、それを永遠にできる」

私が茫然としている様を見て、狐様は耐えきれない様子で笑った。
楽しそうに煙管で私の頭を軽く叩き、すぐさま話題を変えた。

「響ちゃんも、因縁の人と出会ったんだね?」

「あんな野蛮人と因縁なんてありません!」

「あら、そうかしら?」

そして闇夜がすべてを呑み込んだ。
因縁とやらも、失われてしまった。

憶念の矢(おくねんのや):少し古い仕様の破魔矢。何者かによって大切に保管されているようだ。

…神社が魔除けに用いる破魔の矢。
すべての心の魔を祓えるという。

破魔の矢は邪悪なものを祓うと人々は言う。しかし邪悪とは客観的なものではない。
邪悪は人の心から生まれる。恐怖に怯え、冷たくなった心から生まれる。
斎宮様が去って久しい。私ももう鳴神大社の見習い巫女ではなくなった。
あの空の煙管を握るたび、空虚と痛みが私を雁字搦めにする。

想う人ができて、想わずにはいられない人を失っても、時は待ってくれない。
狐様の白い姿が漆黒の深淵へ静かに沈んでいく様は、巫女の夢に深く刻み込まれたまま。
大天狗様も、守れなかった自責の念で、光代を一人残して、自分を追放した。
晴之介も悲しみの余り国を出て、長正は御輿の汚名を濯ぐために幕府に入った。
杜で私に弓術を教え、緋色の櫻の下で私の幼い約束を聞いてくれた男は、
いずれ私の元へ帰ってくるだろう。飛び散った血が彼の目を覆っても、漆黒な穢れが彼を化け物にしても……

私たちの弓矢で彼を救って、失うことが定められた約束を終わらせて。
私たちの弓矢で魔物を滅ぼして、無駄な懸想も執着も祓って。

「会いに来て、賭け事ばかりするお馬鹿さん」
「もう迷わないで、昆布丸」

でも、最後の賭けは、一体誰か勝ったのだろう……
そんなどうでも良いことを考えながら、彼女は綺麗な弓を撫でた。

朝露の時(あさつゆのとき):水引と鈴で装飾された銅の懐中時計。時は、ある秋の夜明けに永遠に止まっているようだ。

…雅な懐中時計。神社の鈴が飾られている。
時計の針は永遠に朝露が消えぬ時に止まってしまった。

空が白む頃、朝露は草葉になってまた消える。
万華鏡のように綺麗な景色も、瞬く間に消えゆく。

秋の夜の坂道で、私は斎宮様とともにセミの声を聞き、月を眺めていた。
あの頃の私は幼く、わからず屋な、田舎からきた巫女だった。
うるさい雀のように、自分の見解ばかり語っていた。
狐様の笑みに見惚れても、彼女の言葉を理解できなかった。

「刹那の美を永遠に留めておきたいのは、朝露を手に握りしめようとするのと同じ」
「私は朝露のように消えゆく。君の抱く私の印象は、残留した願いでしかない」

薄れた記憶の中、彼女は難しい言葉を話しながら、とても悲しい顔をしていた。私は呆然とした……
それもつかの間。彼女は煙管で私の頭をコンコンと叩いて、いつも通りのからかう色で言った。

「夜が明けるわ、響ちゃん」
「そろそろ帰ろうか」

祈望の心(きぼうのこころ):特製のおみくじ筒。底面には、望ましくないくじを簡単に取り除くことができるからくりが組み込まれている。

…神社で吉凶を占うためのみくじ筒。
狐が与えた運気をまとっているという。

占いは迷人の問いであるため、吉凶問わず、先に進めるための回答になる。
平たく言えば、この世に迷いを持って問う者がいても、不確かな占い結果は存在しない。
神社で学んだ時間はとても大切だった。私でさえも狐様の言い回しができるようになった。
その間、人間味のなかった影向天狗様が娘を授かった。
お馬鹿な昆布丸も、将軍殿下の旗本になり、武家の女の子を娶るそうだ……

「かわいい子。殺伐としていた天狗様も、少しは母親の自覚を持てるようになったのね……」
「しかし……神社に子供の生気が足りないわ。これはいけない。響ちゃん、子供に戻ってくれない?」

いつものように、狐様は大げさな冗談を言って、緋櫻酒の酒気を帯びて顔を近づけてくる。

「そんな仏頂面しないでよ、響ちゃん。斎宮様が占ってあげようか?」
「アハ、大吉よ!ほら、大吉!どういう意味か知ってる?」
「凶のくじを全部抜き取ったからでしょう。からかわないでください、斎宮様……」
「いいえ……このくじは、君が恋する人は、君の永遠の記憶になれる、という意味だよ」

だから強く生きて、これからずっと。
大切な人が皆逝ってしまっても、君が生きていれば、
その人たちと過ごした日々は永遠に消えたりしない……

無常の面(むじょうのめん):丁寧に保存された儀式用の狐面。常に奇怪な微笑みを浮かべている。

…雅な祭りのお面。とある神子のものだった。
口角に淡い笑みを浮かべても、その目に光はない。

大社でのお務めも少し慣れてきた。
私も小さい頃みたいに鈍くなくなって、一人前になった。
でもどうしてだろう、私が成長すればするほど、斎宮様の面影に翳がさす。
そのお顔にあるのは憂いでも、恐怖でもない。深い深い悲しみと名残惜しさだ……

「この世は無常。消えゆくものに恋しても、永遠の記憶を失うだろう」
「記憶を失うことは、命を失うに等しい。長く、暗い死だ」

今度は、薄い笑みも隠せない悲しい表情。
お祭りの日なのに、まるで別れを告げようとしているかのよう……

「そうだ、あのお馬鹿な昆布丸の話をしておくれ……」
「なんだ、私が彼を横取りするとでも?」

冒険者(ぼうけんしゃ)

冒険者の花(ぼうけんしゃのはな):深き古都の絶境で手に入れた花、自慢の勲章として胸元につけられた。

…星空と深淵を志した冒険者。

死地に咲いた花に冒険者の心は打たれた。一時的に遺跡の奥にある宝物のことすら忘れかけた。

少し戸惑った冒険者はこの一輪の花を取り、胸につけて暗闇の奥地へと向かった。

冒険者の羽根(ぼうけんしゃのはね):異国の不思議な鳥から取った羽根、この大陸では非常に珍しい。

…昔、冒険者は森に入り込み、見たことのない猛禽を追いかけた。

空を見ながら前に進んだら、木の根っこに足を取られた。

気がついた時、目の前に現れたのは「冒険をやめて」と命じた少女。

髪に幻の羽根がついていて、全ては夢のようだった。

冒険者の懐中時計(ぼうけんしゃのかいちゅうどけい):太陽が見えない深淵や失われた古都で探検する冒険者はよく時間を忘れてしまう。

…冒険者の懐中時計。簡潔で素朴という冒険者協会の信条に基づいて、ベテランの時計職人に作ってもらった。

長年に渡る暗闇の旅の中で、カチカチという音が時間の存在を証明する唯一のものであった。

冒険者が仕方なく、好きだった冒険生活を諦めて、平凡な生活を過ごす道を選んだ今でも、懐中時計は、人知れず陳列棚でカチカチと鳴って、次の冒険を待っている。

冒険者の金杯(ぼうけんしゃのきんはい):冒険の戦利品だと思われる。欠けはあるが、それでも自慢できるものだ。

…冒険者が水を飲むために使うボロボロな金盃。何処かの遺跡で発見した宝物らしい。

金盃の外側には古くてぼやけた紋様があり、暗くなった宝石が嵌められている。

天地と遺跡に棲む冒険生活を終えて、古くてボロボロな金盃はモラに換金した。

冒険者のバンダナ(ぼうけんしゃのばんだな):冒険時の汗と塵がたくさんついたバンダナは少し汚れているが、それでも冒険者の自慢である。

…見た目はごく普通の緑のヘアバンド。材料は強靭で、吸水性と防塵性能に優れる。

このヘアバンドの所有者も普通の人間で、身体能力も一般的である。

しかしこの空の上にある星空と、地下にある真っ暗闇の深淵は、この弱い人間が狩りに出かけるのを待っている。

★石榴から購入できる。

医者のアネモネ(いしゃのあねもね):希古居で購入できる。

幸運のクローバー(こううんのくろーばー):張順から購入できる。

羽根

医者の梟の羽根(いしゃのふくろうのはね):希古居で購入できる。

幸運の鷹の羽根(こううんのたかのはね):張順から購入できる。

時計

医者の懐中時計(いしゃのかいちゅうどけい):希古居で購入できる。

幸運の砂時計(こううんのすなどけい):張順から購入できる。

医者の薬壺(いしゃのくすりつぼ):希古居で購入できる。

幸運のコップ(こううんのこっぷ):張順から購入できる。

医者の方巾(いしゃのほうきん):希古居で購入できる。

幸運の冠(こううんのかんむり:張順から購入できる。