アイテム辞典

鉱石

白鉄の塊(しろてつのかたまり):白鉄の鉱石。相応の技術を持った職人の手にかかれば、異彩を放つでしょう。解翠行、楚瑜商行で購入できる。

水晶の塊(すいしょうのかたまり):加工していないクリスタルの塊。専門的な処理を施すと、本当の価値を発揮する。一般的に「水晶」と呼ばれる透き通ったものは大地から出る希少な結晶体、武器の製造に使われるレアの素材である。

星銀鉱石(せいぎんこうせき):ドラゴンスパインの特殊な地理環境と地脈により生成された珍しい鉱石。

鉄の塊(てつのかたまり):鉄の鉱石。相応の技術を持った職人の手にかかれば、輝きを放つでしょう。解翠行、楚瑜商行で購入できる。

魔晶の塊(ましょうのかたまり):地脈のエネルギーに侵食された水晶鉱は普通の方法では処理できない。天然樹脂で浄化すると非常にレアな素材に転化できる。

紫水晶の塊(むらさきすいしょうのかたまり):稲妻列島でしか産出されていない、未加工の鉱物の結晶。洗面的な処理を施すことで、真価を発揮できる。

特産物

【モ】イグサ::夜に仄かに光を放つ野花。他の食材の旨味を引き立てる。野花の香りが目的地にまっすぐ向かう者の足を止めることができないように、夜になっても、イグサの仄かな光は旅に一心の者の心を惹きつけられない。花言葉で購入できる。

【モ】ヴァルベリー:透き通るベリー類。食べると口の中は微かな花の香りに満たされる。かつて嵐を見張る人にとって唯一の労わりはヴァルベリーの甘さと城の安全に対する希望だけである。クロリスから購入できる。

【モ】ググプラム:針があるプラム、時に狼の毛皮に引っかかることがある。それを見る時、まるで狼の遠吠えが聞こえるかのようだ…ググプラムは薬草としても使用でき、痛みを鎮める効果がある。しかし、針のせいでググプラムそのものが人や野獣を傷つけたりもする。クロリスから購入できる。

【モ】セシリアの花(せしりあのはな):名も形も美しい花。清冷かつ風の強い場所にしか咲かず、どこかの詩人のように掴み所がない。花言葉で購入できる。

【モ】蒲公英の種(たんぽぽのたね):風に乗って移動する小さな種。旅するための羽を抜いても、そこには遠くへの希望が宿っている。蒲公英はある意味では自由、思うままに束縛のない精神を意味する。蒲公英をたくさん産出する風の国の人々が蒲公英で醸造している。また、民俗学者の視点によると、昔、蒲公英で作られたお酒には強烈な象徴意味があった…セーリングブリーズで購入できる。

【モ】ドドリアン:水辺に育つ花。花びらを料理すると、爽やかな口当たりで、ほろ苦い。現代医学の見解によれば、ドドリアンはある程度の解毒効果があるという。しかし生で食べると渋いため、多くの人は好まない。花言葉で購入できる。

【モ】風車アスター(ふうしゃあすたー):風が好きな植物。風を崇拝するモンドの人々にとって、風車アスターは「見える風」である。花言葉で購入できる。

【モ】慕風のマッシュルーム(ぼふうのマッシュルーム):爽やかな風を浴びて育ったマッシュルーム、風のように果てしなく命を育む。クラリスから購入できる。

【璃】霓裳花(げいしょうばな):璃月で霓雲のように咲く赤い花。水のように滑らかな織物の原料である。璃月の「飛雲商会」は絹、紡績産業の大手。噂によれば、飛雲商会が大陸のどこかに霓裳花の苗菌を隠し持っているらしい。産出量と品質が優秀であるため、業界で匹敵する者はいない。小白、ヴェル・ゴレットから購入できる。

…「金屋蔵嬌」(「きんおくぞうきょう」):枝が生い茂り、花蕊が金の屋敷に隠された美人を思わせる。緑の葉が長く育ち、その多くは水の条件が複雑な場所で成長する。

…「縹渺たる仙緑」(「ひょうびょうたるせんえん」):枝も葉も花も密度がかなり低く、花が咲く時の香りも淡いが、長持ちする。古人が仙人のもとを訪れるために山を登った時、偶然見つけたもの。

…「山の花錦」(「やまのはなにしき」):山の陰や湿気の多いところにある霓裳花で、花弁が大きく育ち、花蕊が密集しているため香りが濃くなり、花錦の名にふさわしい。

【璃】清心(せいしん):断崖絶壁にしか咲かない透き通る白い花。平原の温もりと潤いよりも冷たい高い場所を選ぶ花。不卜蘆で購入できる。

【璃】星螺(せいら):潮と共に砂浜についた螺。よく聞けば、思いが溢れる海の叫び声が聞こえる。

【璃】石珀(せきはく):純度が極めて高い岩の元素の晶石。よくほかの鉱物と一緒に発見される。「岩の心」とも呼ばれる。

【璃】絶雲の唐辛子(ぜつうんのとうがらし):璃月特有の唐辛子。匂いを嗅ぐだけで体が熱くなり、水を欲しがる。名前に「絶雲」という2つの字があるが、絶雲の間以外の所にもある。辛すぎて絶雲の間の山頂の涼しい空気が欲しくなる、といった辛さが名前の由来らしい。万民堂で購入できる。

【璃】夜泊石(よどまりいし):希少な鉱石。暗くて静かな夜に微かに光る。言い伝えによると世の中の元素が変異していく中で形成された貴重な石。解翠行で購入できる。

【璃】琉璃袋(るりぶくろ):生命力旺盛な花。地面に向ける咲き方は自らの香りを守るためらしい。ヴェル・ゴレットから購入できる。不卜蘆でも購入できる。

【璃】琉璃百合(るりゆり):極めて古い花。かつて璃月の至るところにあり、大地の記憶を花の香りに変えられるらしい。伝説によると、この花は美しくて透き通る歌声に咲き、かつてある人物が大好きな花だったらしい。だが今、野外で咲いている琉璃百合をめったに見られない。小白から購入できる。

【稲】ウミレイシ:特定の海や島でしか育たない特別な品種。菌類のように見えるが、実は「ウミレイシ虫」の分泌によるもの。ある地域に伝わる話によると、このように口も鼻もない小さな軟体生物は、夭折した子供たちの生まれ変わりであるらしい。その罰として、海の沙にある微弱な元素成分を無限の年月をかけて汲み取り、「ウミレイシ」を構築しなければならないという。そしてウミレイシが熟した頃、人々の手に渡っていく。

【稲】オニカブトムシ:雷元素が豊富なエリアに生息している不思議な甲虫。身を覆う殻には悪鬼の模様があるが、本体はいたって温厚で動きが鈍い。稲妻に流れる伝説によると、神々が地上の生物に領土を割り当てていた時、争いを嫌うオニカブトムシは真っ先に雷元素の豊富な土地を選んだと言われている。長い年月をかけて進化し、天敵を威嚇する模様と、捕食者を撃退することができる放電可能な角を身に着けた。鎧や角を持っているが、すべての生物の中で最も争いを嫌っている。

【稲】血石華(けっせきばな):詩の中で「赤蕊」と呼ばれている鮮やかな植物。一度は稲妻列島で絶滅したが、戦場で再び姿を現した。血塗られた戦場ではひときわ眩しい輝きを放つと言われている。希少価値は非常に高いが、稲妻人の間では不吉な存在と呼ばれており、あまり売られていない。うわさによると、この植物は血によって作られるもので、戦場が血みどろであればあるほど華麗に咲き乱れるという。戦場で死した魂が血石華が敷かれた道を辿ってあの世に行き、永遠という元素循環に還ると言われている。しかし「永遠」に疑いを抱く魂は、大地に束縛され、朱色の苗床に咲く妖紅の花になってしまうらしい。

【稲】晶化骨髄(しょうかこつずい):「祟り神」の力を宿した結晶体。製錬時にこの物質を加えると、製鉄製品の強度と靭性を大幅に向上させることができる。稲妻に伝わる「祟り神」とは、いわゆる神の亡骸であり、それがもたらす奇妙な現象でもある。伝説によると、晶化骨髄を作り出す魔神がまだ祟り神になっていなかった頃、たくさんの名前を持っていた。そしてその中の一つがオロバシノミコトだった。オロバシノミコトの体は海岸線のように長く、まるで闇に包まれた海にいる巨大クジラのように抑揚のある声だったという。しかし最後には、ヤシオリ島もろとも斬り裂かれてしまった。

【稲】鳴草(なぐさ):風のない日でも、雷鳴に反応し微かに揺れ動く植物。花びらのように見える構造は、実は葉っぱであり、脆弱な花を守っている。鳴草は雷元素の豊富なエリアに粘り強く生息する稲妻の植物。雷に対して高い感知能力があるため、現地民に雷雨の予報に使われている。うわさによると、この植物は妖狸「五百蔵」が妖力を用いて将軍の御所から盗み出し、その種を稲妻列島の土地に撒いたものだという。五百蔵が罰を受けて消息を絶った後も、その逸話は人々の間で広く語り継がれている。九十九物で購入できる。

【稲】緋櫻毬(ひおうきゅう):鳴神大社の神櫻から落ちる花びら。雷元素の力によりゆらゆらと空中に浮かんでいる。伝説によると、雷櫻の根は地中深くで繋がっており、その複雑な根を遡っていくと、最終的には稲妻全土を見守る神櫻の下に辿り着くと言われている。神櫻と雷櫻は御建鳴神主尊の一部だという伝説も存在する。彼女は神体を分割し、このような方法で支配下にあるすべての存在を守っていたらしい。

素材系

カエル:一般的なカエル類。ジメジメした環境に生息する。いつも活力に満ちており、体からは活力をみなぎらせる物質を分泌している。

サンショウウオの宝玉(さんしょううおのほうぎょく):サンショウウオが吐き出した薬用に使えるパール。サンショウウオが食べた鉱物と元素を合わせて微かな魔力を持つパールを作る。命の危機を感じた時はパールを吐き出し相手を惑わす。

晶核(しょうかく):晶蝶の核心。大気中に散らばった細かい元素を吸収する晶蝶の不思議な器官。

生命力を吸収した龍牙(せいめいりょくをきゅうしゅうしたりゅうが):生命力を吸収した龍牙。心を不安にさせる暖かさを放っている。その昔、銀色の山脈に龍が堕ち、純白の雪地を不純な赤で染めた。この緋紅はその龍の力を象徴している。「緋紅」の中の龍牙は、凶器になりえるかもしれない…

蝶々の羽(ちょうちょうのはね):色鮮やかな羽。落ちた鱗粉が微かな光を放っている。もしかしたら蝶々が軽やかに飛ぶための成分かもしれない。

電気水晶(でんきすいしょう):電気を含んだ晶石。大気と大地に散逸している電気の塊。触るとビリビリしびれる。相応の施設があれば、その中にある雷元素を使って何かできることがあるかもしれない…?楚瑜商行で購入できる。

トカゲのしっぽ:生命を失った後もウネウネ動くトカゲのしっぽ。強力な薬効を持っており、人の皮膚を硬くする。とても苦い。

発光髄(はっこうずい):ホタルの光を放つ部位。ホタルにとっては求婚のための器官でもある。人にとっては滋養強壮の良薬。

霧氷花の花蕊(むひょうばなのかずい):固い氷に閉ざされた花蕊。摘み取っても凍えるような冷気を放つ植物。大衆文学において、かつては霧氷花に凍られて身動きが取れないキツネを描写する小説があった。力が弱い生き物にとって、霧氷花は非常に危険な植物だろう。不卜蘆で購入できる。

烈焔花の花蕊(れつえんばなのかずい):アツアツの花蕊。勢いよく燃える花びらは、水をかけて消しても、かすかに熱を放ち続ける。これらの植物は長年にわたって積み重ねた元素力から知能と行為パターンを習得したらしい。不卜蘆で購入できる。